FC2ブログ

まだ本気出してないし。。。

アニヲタな自転車乗りが自転車やアニメに関してゆる~くマイペースに書き綴っていくそんなダメブログw


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2nd day ラピュタの道

前回の小国レースのレポがなにげに好評のようで俄然やる気になってきてる程度に単純な管理人ですどうもw
ただし遅筆なのは逃れようのない運命(何
では気合を入れて『大分エクストリーム山祭り』2日目のレポをば。。。


8/12、この日は熊本県の阿蘇北外輪山にある通称『ラピュタの道』に行ってきました!
自転車乗りの間で一度は走りに行ってみたい聖地となっているこの『ラピュタの道』。
しかし今回の我々はMTBで長距離を走るという、あくまで王滝練の一環としてのライドが目的であって、決して坂の上から「見ろ!人がゴミのようだ!!」と言いたかった訳ではないのであしからず。。。
あと、なんか某所ではおいらが連れて行けー!とワガママを言ったように書かれていますが、『ラピュタの道』はあくまで候補地のひとつであり、それを選んだのは今回のガイド役であることを強く主張しておきますw


前日のレースの疲れが抜け切らない中、この日も朝早くに起床。
顔を洗って身支度を整えるとざあけんさんと共に大分市内に向け出発。
AWにて昨日に引き続きお付き合いして頂ける510隊長をお迎えし、210号線を西に向かってひた走ります。

。。。てあれ?なんかこの展開見覚えがあるぞ?!

それもそのハズ、向かう先は昨日もお邪魔した小国町w
レース会場のあった木魂館を過ぎて少し行ったところにある『道の駅小国ゆうステーション』が今日の目的地。

10時に道の駅に着くと、早速バイクを降ろして準備開始。
ここ『道の駅小国ゆうステーション』は実は旧国鉄宮原線の終点、肥後小国駅跡に建てられた施設で、敷地内には今も当時の軌道敷と駅名標が残されていたりします。
となると当然出発前の記念撮影タイムという流れになる訳で。。。

IMG_2034.jpg
世界のざぁ窓からw

などと記念撮影に盛り上がってる間に気が付けば時刻は10時半。
これからラピュタ目指して自走するってのに出発前から無駄に時間を食う訳にはいきません。


西住殿「ざあけんさんチームはラピュタに向かってください!」
\了解っ!!/ /(´▽`)


IMG_2038.jpg
コレヨリ我レラピュタ目指シ進軍ヲ開始ス!
PANZER VOR!!


とは言ったものの、おいらはもちろん510さんもラピュタは初めてで、行ったことがあるのはざあけんさんのみ。
ということでルートについては丸投げお任せする方向で、ざぁ様プレゼンツのラピュタライドにいざ出発!

ざあけんさんを先頭にまずは外輪山を目指し212号線を南下する我々。
南小国の町を抜けると、程なくして道は緩やかな上りに。
標高がそこそこ高いとはいえ、相変わらず良すぎる天気のおかげで日差しがキツく、ざぁ様仕事しろとゆいたいですw昨日の疲れと相まって、終始ダラダラとのんびりポタリングペースだったのはご愛嬌f(´▽`;)

謎のパワースポットやスイーツの罠を切り抜け、無事阿蘇市入りを果たすと周りの景色は一変。
木々が殆どなく、見渡す限り草原が広がるいかにも阿蘇といった丘陵地帯の風景に懐かしさと共にテンション↑↑。

IMGP9327.jpg

やがて外輪山の上まで来た我々は、せっかくなのでちょっと寄り道することに。
212号線からミルクロードに入った先に『大観峰』という有名な観光スポットがあるのですが。。。

IMGP9331.jpg
いかついジャージ着てるくせに早速道に迷うガイド(ノ∀`)
ちなみに画面奥の案内標識に『大観峰 ○km』と書いてあるのは内緒なww

無事大観峰に到着すると、さすがはメジャーな観光スポットだけあって平日だというのにたくさんの車とバイクと人、人、人(゜Д゜||)
なのに自転車組は我々3人だけという闇w
もちろん痛ジャージなぞ着ているのはおいらだけな訳で、「あれガルパンのジャージじゃね?」なんて言葉も頂きましたありがとうございます()

IMG_2130.jpg
こんな状況にも慣れっこな自分がときどき怖い。。。_| ̄|○

売店横に自転車を停め、せっかくなので突端まで行きみんなで記念撮影。

IMG_2131.jpg
居合わせたカップルに撮影をお願いする怪しいおっさん3人組w

さて、大観峰からの雄大な阿蘇の景色を堪能した後は、本来の目的に戻ってラピュタの道を目指すのですが、スマホ片手にひとりルート確認に余念がないざぁ様。
何度も何度も目印を確認し、いざ出発!

と思ったら100mほど進んだ先の交差点で再びルート確認とか(爆

気を取り直して、元来た道を212号線目指して引き返します。

IMGP9333.jpg

212号線に戻ると、ここから内牧目指して一気に降下。
すると下りでスイッチの入った510隊長が突如アタック開始!
それに続けとばかりにざあけんさんを見ると、我が道を行く超安全走行モードwwww


「だって下りは怖いけん」とか、ドクロ柄のジャージ着た人が言うセリフですか?!wwwwwwww


途中で待っていてくれた510さんも加わり、車やバイクに気をつけながらつづら折れの長い下りを下っていく我々。
と、アメリカンに乗った女性ライダーに追い抜かれた瞬間、突如として再びアタックをしかける510隊長。

ファッ、510さん違うスイッチが入っちゃったのか?!Σ( ̄□ ̄;)!! ←ぉぃ

下り終えた先で「急に女性ライダーのお尻追いかけて行くんだもんw で、どうでした?ww」と聞くと、「え?何が?」と素で返されてあ、あれ?(・_・;?

無事内牧まで降りてくると、ここから149号線で西に移動。
目印となる看板を発見し、ついにラピュタの道への上り口に到着。

IMG_2044.jpg
ここにある自販機が最後の補給ポイントなので、各自オットー(燃料)を補給します。
そしてしっかり休憩した後、いよいよattack on Laputa!!(゚∀゚)ノ

民家の脇を抜け、まずは木々の生い茂る林道をゆるゆると。

IMGP9337.jpg
平均斜度は6.5%くらい(ガーミンさん調べ
MTBの軽いギア比のおかげでキツさはあまり感じないので、のんびり景色を楽しみながらのライド。

IMGP9340.jpg
途中にある霊園を過ぎた辺りから景色ががらりと変わり、テンションが上がる我々。

IMGP9341.jpg
そしてあくなきエクストリームの探求w

IMGP9346.jpg
見よ、この見渡す限り山、山、山の逃げ場のない世界!
これぞ山祭りの名に相応しい展開ではないか!!(注:管理人はヒルクライムは嫌いです)


IMGP9347.jpg
ASOをバックにまだまだ余裕の510隊長。

IMGP9348.jpg
こちらもお決まりのポーズでご満悦の赤ジャージおじさんww

しかし景色は素晴らしい反面、上に遮るものがない状況だけに、容赦なく降り注ぐ日差しの洗礼が厳しく暑さがハンパない(-_-||
まったくざぁ様仕事しろと何度言ったら(ry

IMGP9350.jpg
少なくとも正面の山の上までは道が繋がっているということで、まだまだ先の長い道のりになりそう。。。
とここで日陰を発見した510隊長がたまらず休憩を提案。
すかさず未成年には禁止されている薬物(注:ニコチン)を注入w
そして我々も隊長から支給された白い粉末を固めた錠剤(注:熱中症対策用のサプリ)を投与ww
なんだかんだで年齢層高めな3人組ですが何か?(´・ω・`)

このまましばらくボーッとしていたいところですが、上らない限りは終わらない訳で、気合を入れ直して再スタート。
長いつづら折れの道をゆっくりと、だけど着実に上って行くと、先に見えた山の上まであと少し。

IMGP9357.jpg
ゴールが近づいたことで安堵の表情を浮かべるざあけんさんチームw
だがしかしその先に待ち受けていたものは

IMGP9358.jpg


⊂⌒~⊃。Д。)⊃


真のゴールは画面中央の山の上だったってことで、最後のもうひとふんばり。
あとには退けない戦いです!

そしてついに。。。

IMG_2046.jpg

キマシタワ━━━━!!!!ヽ(´▽`)/


いやはや、絶景かな絶景かな。
これを見るために頑張って上ってきた甲斐があるってものですよ!(*⌒▽⌒*)

IMG_2051.jpg
空に浮いた島から下界を眺めているかのようなこの光景はまさに天空の城ラピュタ城!

IMG_2117.jpg

「見ろ!人がゴミのようだ!!」wwwwwwwwwwww

おいらも攻略記念に一枚

IMG_2055.jpg
あんこう、ラピュタに立つ!(☆∀☆)

IMG_2064.jpg
ついでに赤ジャージおじさんとも一緒に一枚w

素晴らしい景色に心が満たされたら、ついでにお腹も満たされたいところ。
だって既に14時半ですもの(ノ∀`)

ラピュタのビュースポットから少し上ってミルクロードに出ると、そのまま道なりにひた走り、ざあけんさんオススメのバイク丼を求めて『レストラン北山』へ。

IMG_2066.jpg

ばいくど━━━━ん!!

お値段は1480円とちょっとお高めですけど、レアな感じに焼かれた赤牛が柔らかくてウマーでした♪(*´д`*)
あと水がうまい!!(爆
住んでるときはあまり感じませんでしたが、こっち帰って来て水道水で生活してると、やっぱ阿蘇の水って美味いなって思いますね。

お腹もしっかり満たされたところで時計を見ると16時前。
こりゃ急いで帰らなきゃってことでざぁ様を先頭に走り出した我々でしたが、帰りはほぼ下りなのであっちゅー間。
アウター×トップで回しても足りないくらいで、サイコン見ると50kmオーバーとか。


誰だ下りが怖いとか言ってたのは!!!!wwwwwwww


そんな感じで16時半に『道の駅小国ゆうステーション』に無事帰還。
日差しと上りがキツかったけど、景色は最高で美味いものも食えたので大満足のライドでした!d(≧▽≦*)!!


かねてより行ってみたいと思っていたラピュタの道。
やはり噂に違わず素晴らしい場所でした♪
ただ舗装があまり良くないというのと、ひたすら上るか下るかという点を考えると、案外MTBが最良の選択肢かも知れないなと思いましたね。
あとここラピュタの道はバイカーにとっても聖地になっているので、特に下りの際は気をつけた方がよろしいかと。。。

最後に、今回のライドを企画、引率してくれたざあけんさんにはほんとに感謝。。。してあげてもいいんだからね!wwwwww
スポンサーサイト

Comments

ずいぶん••• 
内容がざあけん談やざあけんブログと食い違いがありますねぇ〜(*_*)

真実はいつもひとつ!笑
面白い‼
 
な―んで、オイラ、そんなにワルモノになってんのかな―(ー_ー)!!。
おかしいな―(ー_ー)!!。
リクエスト通りに「連れて行った」のに―(笑)。
>ホンダ☆ 
じっちゃんの名に賭けて!w

いや、足して2で割ったくらいでちょうどいいのかな?(;^_^A
くあしくは後藤さんに聞いてみてくらさい。

さて、次は林道レポかぁ…(遠い目
>ざあけんさん 
ワルモノなんてとんでもない!
ざあけんさんと走りに行くとこんなに楽しいんだよってのを多少ファンタスティックに表現してみただけじゃないですか( ^ω^ )


…すみません、やりすぎましたm(_ _)m
懐かしい! 
なんだかんだで楽しかったラピュタ遠征だけど、現実の社会生活の波に飲まれて既に遠い過去のような(T_T)
さて、第三ラウンドのレポートはまだかな(笑)
>510☆さん 
返信遅くなってすみませんm(_ _)m

確かに遥か遠い過去の思い出になりつつありますね(;^_^A
ラピュタだけにw

最終ラウンドの前にインターバル的なものを挟んでみましたがどうでしょう?

« »

09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

くろしば@

Author:くろしば@
どもども、広島の端っこで自転車乗ってるアニヲタです。

このブログは、レースやガチ練と言った言葉とは無縁の管理人が、主に自転車やアニメに関してゆる~く書き綴っていく内容となっています。
過度は期待はしないでくださいw

My Bike
・TREK Madone 5.2(2009)
・Cannondale FLASH F1(2011)

最新トラックバック
みくろっく
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。